FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

いよいよ第三皇子の誕生日がやってきました。
第三皇子は小宛からもらった贈り物が一番うれしい、と言います。
皇太后も小宛の書いた詩を見て、後宮で右に出るものはいない、と褒めます。
書の心得がある皇貴妃も皇后も(悔しくて)書を見たがるので、皆で見ることになりました。
そして小宛の琴の演奏がはじまります。

いっぽう、黄旗の返却まであと10日です。
大臣たちは漢族である小宛を追放したくてソワソワ。
徳妃を廃さなければ黄旗の返却もしない、と一同、一致団結します。

皇太后は小宛の歌を褒め、静妃は、私たちも歌妓を習うべきかしら、とイヤミを言います。
それならそたなも1曲披露するか、と言われますが、負けず嫌いの静妃は、歌えるわけがない、歌は女が男に媚びるため、と言います。
その態度に頭にきた皇太后は、私は歌や舞が好きなのに、と怒ります。

祝宴も終わって、数日後でしょうか。
小宛が贈った書の本を読んでいた第三皇子が突然、倒れます。((((;゚Д゚)))))))
金侍医が診察しますが、皇子はなんと毒に侵されているらしく。しかも原因は食べ物ではなく、別の何か……。
慢性の中毒です。
近頃頻繁に触れていたものは?ときかれて、小宛の本だと答える蓉貴妃。
徳妃が毒を仕掛けるわけがない、と言う蓉貴妃でしたが、小宛が贈った本にはまぎれもなく毒が塗ってありました。
蓉貴妃はあくまでも小宛を信じようとしますが……。
犯人は賢妃の手下の玲児ですよね。

皇貴妃のところに賢妃がやってきて、皇子が倒れたようだと嬉しそうに報告します。皇子の命を奪うのが目的ではないので、皇貴妃もとりあえずは満足そうです。

皇太后は、皇子に毒を盛ったのは小宛の仕業だと思っています。
隆光才は小宛にはなんの得もない、といいます。
しかし皇太后は、第三皇子はいずれ皇太子になる立場。
小宛が自分の子を皇太子にしたいのだ、と疑っています。
隆光才もそれには賛同しますが、発覚すれば廃されることは明確。徳妃がそんなことをするとは……とかばいます。
皇太后は、どうしても小宛への疑いを消せません。

そのころ、小宛は無邪気に皇太后に褒めらたこを喜んでいました。(っω・`。)

小宛に疑いがかかっていることを知った順治帝は激怒。しかも疑っているのが皇太后なので、どうにもなりません。
そして後宮のことは皇太后の管轄です。順治帝は手を出せません。
順治帝が守れば守るほど反発は強くなる、と洪がアドバイスします。
そこで小強子が鐘粹宮の見張りをすることになりました。

そこではじめて事件を知った小宛はもちろん寝耳に水です。

そこへ鼇拝が小宛を捕獲するために来ます。
小強子は勅命で鐘粹宮を守っていると抵抗しますが、鼇拝は皇太后の直筆の尋問の許可証を持っています。
これには小強子も逆らえません。

順治帝もそれを聞いて皇太后に怒りをぶつけます。
隆光才と鼇拝に尋問される小宛ですが、もちろん罪を認めるわけにはいきません。
隆光才の推察では、第三皇子がいなくなれば、小宛が生んだ子が有利になる、と罪を認めるよう問い詰めますが、小宛は子は産まないと約束した、と言います。

皇太后は、小宛をもとの南苑に移して、それ以上責任は問わないと言います。しかし順治帝は受け入れません。(そりゃそーですよねー無実なんですから)
鐘粹宮の使用人はひとりひとり小強子の尋問を受けます。
小宛はみんなで坤寧宮に行った日は、少数の供以外はみんな鐘粹宮に残っていた。きっとそのときに毒が仕込まれたのだ、と言います。

皇太后は、小宛を一睡も休ませず、蘇納と隆光才と鼇拝でかわるがわる尋問することになります。
しだいにやつれていく小宛。
順治帝も気が気ではありません。

小強子は毒の本を作って再現することにしました。いったいどうなるのでしょうか。。。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。