FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日より
チャンネル銀河で放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

調査は難航しています。
あの毒の本を作るのは時間がかからないので、簡単にできてしまうのです。
洪は後宮の妃がもっとも疑わしいと言います。(さすがですね!(o‘∀‘o)*:◦♪)

皇貴妃を訪ねた賢妃は、捜査が難航していることを報告します。
これで小宛を追放できると喜ぶふたりですが、毒を仕込んだ玲児とはいっさい面識がないフリをすることにします。

洪は、いったん小宛を降格し、黄旗の返却を待ってから妃に戻すよう進言します。
しかし一時的であっても廃妃にすれば皇子に毒を持ったことが事実とされてしまいます。やはり真犯人を探すしかないようですね。。。

かれこれもう6日も尋問しているのに、一向に罪を認めない小宛にしびれを切らした皇太后が、直接小宛と話すことになります。
皇太后は尋問を受けても認めないとは強情だ、と言いますが、小宛は罪を認めません。(そりゃそーだやってねーんだから)
皇太后は、罪を認めれば妃の位を廃するだけにして、皇宮に住まわせると言いますが、それでも小宛は無実を訴えます。
そして「皇太后さまは聡明なのに本当に私が犯人だと思いますか?」と尋ねます。
皇太后は「今は子をなせぬ薬を飲んでいるが、今後は子を産むかもしれない」と答えます。
小宛が子を産めばその子が第三皇子を押しのけて皇太子になるかもしれない。それが疑いの理由のようです。
小宛は子は望まないと言いますが、それでも皇太后は信じてくれません。

そのころ、侍女の蘇納は小宛が毒を盛ったとは思えない、と隆光才にこぼしていました。
しかし皇太后としては、黄旗の返却には小宛の廃妃が絶対必要で、小宛さえ廃妃にできれば、黄旗の返却は問題がない。これが絶好の機会なのです。
あと2日で黄旗の返却の日がやってきます。

小宛は罪を認めれば陛下に害が及ぶ、と拒みますが、しかしここでおそろしい事実が発覚!
臣下たちには小宛を廃妃にすることができるのです。
皇帝の寵愛を独り占めするような妃がいた場合、朝廷の権力に影響が出ないよう、別格の寵愛を得た妃を廃妃にできる取り決めがあったのです!
(なんてことでしょーーーΣ(´Д`*))

洪は、皇太后は徳妃をなにがなんでも廃妃にするつもりだと心配しています。
このままだと、やがては拷問にかけられるかもしれません。
休ませずに尋問を続ければ気力がなくなって、あらがえなくなります。((((;゚Д゚)))))))

皇太后は罪を認めるよう小宛に言います。後日無実なのがわかれば妃に戻してあげる、と。
小宛はよく考えてから、としばし猶予をもらうことになりました。

皇太后の前で考えを巡らす小宛。
小宛が罪を認めれば順治帝は朝廷の笑いものになる。
やはり小宛は罪を認めるわけにはいきませんでした。

順治帝は小強子を使いに出して、強引に小宛を連れ戻すことにしました。
小強子が兵を連れて尋問されているところに行くと、隆光才はさっそく皇太后に報告します。

ここで小宛は、ひとつの策を提案します。
大臣たちは廃妃が望みなので、罪は認めないが、廃妃にされるように、みずから陛下に疎まれるようにするという約束までしてしまいます。

これでようやく解放された小宛を、さっそく順治帝が訪ねます。
そこで小宛は廃妃を願い出ます。
無実が明らかになったらまた妃にすればよい、と。
順治帝はここで屈したら大臣たちがのさばる、と受け付けません。
皇太后が小宛にみずから廃妃を願い出るように勧めたこともお見通しです。


お中元 ギフト 5種類のくりーむ大福10個入り





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。