FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

徳妃は後宮になじめずに精神を病んだという理由で廃することを提案しますが、それでも順治帝は廃妃には同意しません。
小宛は私の生死などどうでもいいのか、見勝手だ、と責めます。
愛が偽りだと言われた順治帝は怒り、謝罪を求めますが、小宛は私をだまして皇宮に連れてきて、毎日辛い思いをしてきた。私の一生を台無しにした。と責めます。
ならば江南に帰れ!と怒る順治帝。
陛下はとっくに私に飽きて追い出したかったのに、対面の為にできなかったのか、とさらに責めます。
……思わず小宛を殴ってしまう順治帝。(……終了のお知らせです。チーン……)
小宛は私を自由にしてください、と言って気を失ってしまいました。

隆光才は興奮して失神しただけ、と言いますが……そうでしょうか?
金侍医が診察をすることになりました。
小宛はわざと順治帝を怒らせたことも、順治帝にはわかっています。激しく後悔する順治帝。

皇太后のところに行こうとした順治帝でしたが、こんどは順治帝が血を吐いて倒れてしまいます。こちらは胃潰瘍でしょうかね?(忙しいねー)
うわごとで小宛を呼ぶのを、皇太后が見守ります。

小宛は診察の結果、体が弱っていただけのようです。(そんだけー?チッ)

順治帝は皇太后に、なぜ小宛を疑うのかと尋ねます。
皇太后は黄旗の返却のため、と答えます。
順治帝は何より大事なものを壊して失ってしまう、とこればかりは認められないのです。
しかし順治帝は、黄旗より小宛を選ぶとまで言います。
この言葉を聞いた皇太后は、ふたりの愛の深さを知ります。

皇太后が信頼する鼇拝ですら小宛の廃妃には賛成のようです。
しかしその忠義心をかえって認められることになります。

鐘粹宮では、扣扣と婉児にの3人で真犯人を突き止める決意を固めていました。(」*´∇`)」

いよいよ黄旗の返却の日がやってきました。
大臣たちは、皇太后のところに集まり、小宛を廃妃にしたら返すといいます。
陰険簡親王は小宛がまだ廃されない事を口にします。
皇太后は徳妃は犯人ではなかった、と言います。

隆光才は徳妃は犯人ではなかったと結論付け、鼇拝も徳妃は犯人ではない、と言います。
そして皇太后みずから、徳妃の無実を宣言します。

鄭親王はとうとう新しい皇帝を立てる、と言います。

皇太后は、廃帝するなら私の皇太后の地位もはく奪しなさい、と言い、さすがに大臣たちはそこまで考えてはいなかったので、
慌てて一同謝罪し、皇太后に忠誠を誓います。


月餅ギフトセット G-3035 [詰合せ]  【横浜中華街 聘珍樓 [へいちんろう] の中華菓子】





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。