FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

小宛は本に毒が仕込まれたのは、皇后のところに行ったときのはず、と見抜いていました。
小宛が皇貴妃と静妃にからまれ、扣扣が侍女たちに喧嘩をふっかけられたのは時間を稼ぐためだったと、すっかりお見通し。
証拠がないのですぐには手は打てませんが、捜査の方向性は定まりました。
そして鐘粹宮の誰が皇貴妃とつながっているのかを突き止めるのが先決のようです。

大臣たちの会議で、鼇拝は黄旗をすぐには順治帝に返却せず、皇太后に預けては、と提案します。皇太后は賛成しますが、鄭親王たちは反対します。
しかし結局皇太后の意志には逆らえず、黄旗は皇太后が預かるということで一致しました。

慈寧宮では順治帝が大喜びで皇太后に感謝しています。(能天気じゃのー)
しかし皇太后は相変わらず渋い顔
黄旗の返却の条件である徳妃の廃妃は先延ばしになっただけだし、毒本の真犯人がわかたところで、なんの解決にもならない。
それでも順治帝は気に入らない大臣たちが権力を握っているのでなけらば、それで上機嫌。
さっそく小宛のところでお泊りです。これですっかり仲直り♪

そのころ、柳公公はそろそろ薬の効き目があるかも、と期待していました。

新しい衣装を作ってご満悦の皇貴妃のところに、賢妃がやってきます。怪しい文が届いた、ということですが、その文によれば、薬を仕込むはずだった玲児はタイミングをつかめず、毒を仕込めなかったということです。となると、一体だれが毒を仕込んだのでしょう?
皇貴妃は静妃だとにらんでいます。
しかし落ちぶれた静妃は今度何かあれば冷宮送りになるはず。
消去法で行くと、毒蝶を仕込んだ前科持ちの静妃しかいない、ということのようです。(いえいえ、真犯人は蘭貴妃だと思いますがー)
皇后も寵愛を取り戻したいだろうが、小心者だからそんな大それたことはできない。
賢妃は、皇后は今の地位についてからは大胆になった、と油断はできないと進言します。
(いや、犯人は蘭貴妃だと思うんですが。。。)

小宛を訪ねた蘭貴妃は何日も会えななくて恋しかった、としおらしいことを言います。
小宛は蘭貴妃を信じているので、真犯人は独自に調査していることや鐘粹宮の誰かが真犯人だと思っている
ことを伝えます。(危ないよ~)

皇貴妃は賢妃を連れて静妃に会いに行きます。犯人だと決めつけている静妃の様子を見て、黒幕かどうか確かめたいと。
証拠が見つかれば罪を暴いてやる、という皇貴妃。一応は小宛を追い出すために手を組んだ仲なのに、あくどいわー!

静妃は大切な同志なので、と前置きして話し始めます。
黄旗を取り戻せば、ますます順治帝は小宛を寵愛するようになる、と危惧しています。

小宛は侍女や宦官たちをひとりずつ取り調べます。
玲児は小宛に忠実な侍女を演じ切り、毒の本があった部屋にいたのもごくわずかな時間なので疑われてはいません。

皇貴妃が静妃を疑っていることを察した静妃は、真犯人は自分ではないと言い切ります。そして犯人は皇貴妃ではないかと言います。
そして順治帝がまっさきに疑うのは皇貴妃のはず、と。
皇貴妃は鐘粹宮に知っている人はいないし、犯人ではないと言います。
そして静妃に使えていた侍女が今は鐘粹宮にいる、と。
静妃は順治帝に裁定してもらえばいい、と余裕です。

結局7人調べたうち、もっとも怪しいのは玲児がもっとも動揺していたので怪しい、婉児が言います。
小宛は冷静な者のほうが怪しい、と言います。
小強子がもっとも冷静だったのは?と尋ねると、小宛は柳公公だ、と答えます。

小強子は柳公公を犯人扱いしないほうがいい、と言います。隆光才が信頼しているので、皇太后に報告がいくおそれがあると。



丸大ハム 煌彩 MS モンドセレクション受賞【最高金賞】





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。