FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

小宛たちは、柳公公は自分が疑われていることはまだ知らないはずなので、信用しているふりをして尋問してみよう。そうすれば気が緩んで馬脚を露すかもしれない、と計画します。しかしその話を、柳公公は盗み聞きしていたのです。

尋問の結果、疑わしいのは静妃に仕えていた侍女と玲児ということになりました。
そこに小宛が突然の吐き気!!
いよいよですよ~ドラマお決まりのパターンです!((o(^-^)o))ワクワク

隆光才から皇太后に、小宛の捜査の状況を報告します。
皇太后は真犯人を探すのは難しいだろう、と相手にもしていないようです。

小強子に呼ばれた玲児は、疑われていることを知り無実を訴えます。
そこにまた吐き気が……。
柳公公はさっそく妊娠を察知し、使命を果たしたのだからそろそろ皇宮を去るとき、と決心します。

それからまもなく、柳公公が姿を消しました(早っ)

順治帝は隆公公を犯人と決めつけ、これで小宛の疑いが晴れたと喜びます。

そこに柳公公の部屋から怪しい文が見つかりました。柳公公は天地会の人間で、第三皇子の命を狙ったが未遂に終わったので姿を消す、という書置きでした。

ようやく皇太后も小宛は無実だと認め、これで一件落着。
順治帝も皇太后も、妃たちの誰かが真犯人では、と疑っていたようですが、これで事件は解決しました。
柳公公は小宛に無事皇子を産んでもらわなければならないので、罪をかぶったのですね。
その後隆光才からの手紙でそう書いてありました。
李公公という仲間も敬事房に残っているようです。

隆光才は、真犯人が誰なのか不思議に思います。

皇貴妃に呼ばれた賢妃は、さっそく柳公公が犯人だったと知らされます。
ふたりにとっては残念なことですね。

小宛は相変わらず吐き気に苦しんでいました。
薬を飲んでも効かないようです。
そこで妊娠しているかも、と扣扣に打ち明ける小宛。少々医術のたしなみがあるので、月のものも来ないので気づいたようです。
避妊薬を飲んでいたはずなのに、と不思議に思いますが、小宛はこのことは内密に、と口止めします。

小強子は隆光才を疑い始めました。(おお!鋭いねー!)
順治帝は荒唐無稽だと言いますが、疑惑は消せないようです。
江寧で天地会に襲われたときも、なぜ情報が漏れたのか、隆光才が天地会なら、納得がいく。
順治帝はひそかに隆光才の近辺を調べる許可を与えます。
順治帝が視察に出かける日がきました。
吐き気を催す小宛を胃が悪いだけだと信じたまま旅立っていきました。

金侍医が訪れて診察すると、月のものがなく、妊娠はほぼ間違いないようです。
そしてそこに、盗み聞きする婉児が……!婉児は皇太后の侍女。怖いですね。
金侍医も避妊薬を飲んでいたのに、と不思議そうですが、扣扣は単純に喜んでいます。

金侍医が避妊薬を確認し、避妊の効果を抑える薬だと断定しました。
皇太后に知られれば大変です。
小宛は1日だけ秘密にしてほしいと頼みます。

婉児はすぐにも皇太后に報告すべきでしたが、そうなるとお腹の子が始末されてしまいます。
徳妃が子を産めば宮中での立場も強くなる。小宛に優しくしてもらっていたので、裏切ることはできないのですね。何も聞かなかった、何も知らない、ということにします。

その夜、小宛は誰も妊娠を望んでいない状況に涙を流します。
翌日ふたたび金侍医の診察を受けて、子はおそらく皇子と言われます。(いくらなんでも、そんなん、わかるかい!)
小宛は堕胎してもまた妊娠できるか、と尋ねます。
侍医は避妊薬の影響で妊娠は難しいが不可能ではない、と答えます。
小宛は堕胎の決心をします。


世界のビール12本飲み比べギフトセット スペイン産高級ビール豪華3本入!スペイン・イタリア・ベルギー・オランダなどビール本場より大集結!全種類の商品説明がわかるビールリスト付 (5弾)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。