FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

隆光才は扣扣と小宛は天地会だと偽証する手はずでしたが、「扣扣は兄が天地会だとは知らなかった、小宛も天地会とは無関係」と証言します。
隆光才は皇太后と偽証する約束をしていましたが、皇太后の気持ちにを察して、というところでしょう。もし皇太后が相変わらず小宛に厳しい態度をとっていたらな、隆光才の偽証によって小宛は廃位確実でしたが、子供を失って地位を守るなんて、悲しいですね。
これにより、退位は撤回となりました。
皇太后は索尼と簡親王に、扣扣をどう尋問したのか?と尋ねます。
索尼は嘘をつくわけにもいかず、簡親王に挑発されてつい逆上して自白した、と答えます。
簡親王は国の為だった、と苦しい言い訳をし、父の鄭親王は誤解していた、と言います。そしてなぜ小宛への態度を軟化させたのか、と尋ねます。
これは大臣たち皆が思っていた疑問でした。
皇太后は順治帝ですら知らない秘密があるからだ、と言い、小宛は順治帝が悲しむからと止めようとします。しかし皇太后は小宛が偶然授かった子をみずから始末したことを話します。
漢族である小宛が皇子を産めば波乱が起きる。そのためにひとりでみずから堕胎した小宛をやっと理解した。小宛の順治帝への愛は実に深く純粋で私心がない、決して害は及ぼさない、と言い切ります。
ようやく小宛が宮中で認められた瞬間でした・゚・(つД`)・゚・
鼇拝が皇太后の考えに従い、臣下たちは次々と賛同します。
そしてこのときから、隆光才は順治帝に仕えることになりました。
やっと皇帝の信頼を得ることができましたね!
皇太后は小宛の手を借りながら仲良く退出していきます。(オープニングのあのシーンはこれだったんですね)
感動の涙が止まりません……!

その様子を見ていた賢妃はさっそく皇貴妃のもとに走ります。
小宛がとうとう廃妃になると喜んでいたのに、皇太后と一緒に小宛が慈寧宮に入っていったとなれば、小宛が認められたことは明白です。
皇太后につづいて輿に乗っていくのは相当な名誉なことで、皇貴妃ですら一度しか経験がないそうです。

慈寧宮では皇太后が小宛をやさしく迎え入れます。そして毒本の真犯人を見つけるためにも疑心を抱かれぬよう厳しき接してきたと言いますが、真犯人は皇太后なのに……この点は解せませんね。

皇貴妃は、皇太后は以前から小宛を受け入れていたはず、その理由をは探るつもりです。

皇太后は読本の犯人は自分だと告白します。小宛が心の底までさらけ出してくれたのだから自分も嘘はいわない、と言います。

皇后のところでも、小宛が厚遇されたことで蘭貴妃も不満そうにしています。
なぜ突然態度が変わったのか、その理由を蘭貴妃は知っていました。
堕胎は蘭貴妃も察していましたね。

皇太后が塗ったのは毒ではなく気を静めるための薬でした。昏睡に見えるがただ眠っていただけのようです。小宛の廃妃を狙っていたが、命を奪うつもりはなかった、つらい思いをさせたことを謝罪します。

順治帝は小強子と扣扣に結婚を勧めます。
しかし扣扣は当分は兄の喪に服したいと言います。

皇太后は妃たちが陥れる機会をうかがっているからと注意を促します。
小宛は妃たちが仲良く暮らせたらと願いますが、皇太后はそう簡単にはいかないと言います。
そこで小宛の得意な歌と舞で交流することを提案しました。

その夜、順治帝は小宛に子はまた授かる、と慰めます。もう授かることはほぼ無理なのに(ノ_・。)

簡親王は皇太后を罵りながら怒り狂っています。小宛が死んでも皇太后と順治帝との闘いは終わらない。生きるか死ぬかの戦いだ、と言います。一難去ってまた一難……(^◇^;)
翌日、皇太后のところに集まった妃たちに、賢妃と徳妃の席を交換するように命じます。
今まで末席だった小宛が、蓉貴妃の隣の席となりました。
新しい席次はどうやら、皇后→皇貴妃→蓉貴妃→蘭貴妃→徳妃→淑妃→賢妃→静妃の順ですね。
そして今後は小宛と仲良くするようにと命令が下ります。
皇后は賛同し、蓉貴妃も今まで以上に仲良くしましょう、とやさしい声をかけてもらえます。
蘭貴妃も堂々と姉として慕える、と喜びます(まあ、口だけですがねー)


冷やし中華はじめさせられました 中華料理Tシャツ レッド 面白Tシャツ 漢字・ひらがなTシャツ 大人用 3L





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。