FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

倒れた小宛を、金侍医が診察します。どうやら遅効性の毒が仕込まれていたようです。

襲われた鼇拝一行は、敵を生け捕りしようとしますが、誰のさしがねなのか口を割るどころか、天地会だ、と見え透いた嘘をついて首を切って自害してしまいました。
簡親王はあと一歩だったのに、と悔しそうです。
しかしここでやめるわけにはいきません。天地会を装ったものの、先が心配な簡親王です。

小宛は意識が戻りません。順治帝が薬を飲ませてようやく意識が戻りましたが、またすぐに眠ってしまいます。
皇太后が見舞いに来て、金侍医からかなり深く毒に侵されている、聞かされます。
まだ毒は不明ですが、身の回りのものを調べるところから始めなくてはならないようです。

そこへ小強子から鼇拝が襲われたことを聞きます。
順治帝は鼇拝から報告を聞きます。
順治帝には何やら考えがあるようで、今日の朝議では犯人は天地会であり、陛下は天地会を見くびっていると言え、と鼇拝に命じます。
そして鼇拝は命じられたとおり、大臣たちに陛下は天地会を見くびっている、と非難します。
すると簡親王は調子に乗って陛下は寛容すぎる、と非難します。自分の仕業ですから、ここは天地会のせいにしておきたいですね!

翌日、金侍医の見立てによれば、小宛が持ち直す可能性はごくわずか、と隆光才から皇太后に報告がいきます。
このまま目が覚めなければ命が危ないようです。
そしてそれは順治帝にも知らされます。
小宛は解毒薬を飲んでも吐いてしまい、毒が抜けないのです。
順治帝は寝ずに看病し、ここから一歩も動かない、と休むことを拒否します。
そして皆に小宛の身の周りのものを調べて毒を見つけ出せ、と命じます。
皇太后も見舞いに訪れ、犯人は必ず見つけるから少し休みなさい、と言いますが、どうしても小宛のそばを離れたくない順治帝でした。

坤寧宮では皇后と蘭貴妃が小宛の昏睡状態をツマミに噂話です。
犯人は誰なのか、という話になりますが、誰かに毒を盛られたはず、という結論になります。当然ですね!
皇后は蘭貴妃に犯人に心当たりがあるのでは、と言いますが、蘭貴妃は犯人は手はずを整えて逃げ延びる準備ができているはず、と言います。
皇后は小宛が死ねばまた以前の平和な後宮に戻れる、と言います。
皇后、やさしい人だと思てたのに変わりましたね!そもそも以前の後宮もちっとも平和ではありませんでしたが!

皇貴妃は那琪から、小宛の容体が深刻で長くないと聞いてうれしそうです。
あの毒は久しく聞かなかったのになぜ、と不思議そうですが、那琪は毒を増やしていたのです。
どうやら舞で毒が急に体にまわったようです。
そして簡親王からの伝言を伝えます。
皇貴妃は皇后にはなれない、という伝言でした。

静妃と淑妃も噂話中です。
静妃は少しも嬉しくない、と言います。(アンタ人でも変わったのかい)
小宛はいつも分をわきまえていた、その点は敬服に値する。
かわいらしいとさえ思った、と……アンタ毒でも食らったのかい!
淑妃も小宛を憎んではいない、小宛はいじめた私たちを恨むことなく、いつも笑顔で接してくれた、と言います。
あんたら、自分がしたこと忘れたんかい!
私たちの仕打ちはひどすぎた、殺そうとは思わなかった、と犯人の残酷さを責めます。(あの…ほんとに静妃急にどうした?)
静妃は犯人は皇后か皇貴妃、と言います。
毒蝶は皇后のしわざだと思っているのです。つまり皇貴妃か皇后のどちらかが首が飛ぶ、ということです。
そうなれば痛快、と笑う静妃、イイヨイイヨーー!

皇后になれないと聞いた皇貴妃はショックを隠せません。
順治帝が必死に犯人を捜しているので、毒衣が見つかったら大変!
しかし小宛が死ねば日用品も一緒に埋葬される。そうなれば証拠もなくなる、と言います。
埋葬の前に毒を見つけられたら?と那琪が問うと、皇貴妃は怒り狂います。(つまりヤバいんですね。そうでしょうね。)

そのころ、順治帝もめまいを感じていました。小宛の衣装になにやら感じ取ったようです。
小宛が着ている衣装の匂いを嗅ぐと何やらあるようです。

毒のありかが判明したということで、金侍医らが駆け付けます。皇貴妃はそれを聞いてドキドキ。
さっそく衣に毒が仕込まれていたというと、他の衣装も調べることになりました。

皇貴妃は那琪に皇宮を出るように賢妃を通して命じます。そして那琪に「背水の陣」という伝言を託します。

金侍医の検査により布地に毒がしみこませてあったことが判明しました!
これで小宛は助かります。
早速那琪をとらえるよう小強子に命じます。もちろんそこには黒幕がいることもわかっています。

新しい衣に取り換えて薬も変わった小宛は無事目を覚まします。

那琪は無事皇宮を出ました。賢妃はお茶をがぶ飲みしてから、皇貴妃から毒が見つかったことを聞かされます。
賢妃が那琪に会いに行ったのも、衣の仕立ての相談だといえばいいと教えますが、自分さえ無事なら賢妃はどうでもいいのですよね。そして小強子が那琪をとらえにいったという報告が来ます。
賢妃ともしばらく会わないようにすると言いますが、ますます皇貴妃、悪い女ー!賢妃に罪をなすりつけるつもりでしょう!


VEROMAN チャイナドレス シルク調 ロング丈 (L, 青・梅木模様)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。