FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

那琪が皇宮を出たという報告から、すぐに犯人は那琪だとわかりました。
那琪が所属していた制衣局の尋問により、賢妃が那琪に会いに来ていたことも明らかになりました。

那琪は簡親王をのところに上手く逃げ延びて、もし捕まったら自害するつもりで毒を持っています。

小強子はすぐにも賢妃を捕えようと言いますが、洪は妃たちは衣装の相談をするために制衣局を訪ねることはよくあるので、賢妃が那琪に会いに行ったからといって証拠にはならないようです。賢妃はただの連絡役に過ぎないことまで見抜いています。

皇后のところでは、蘭貴妃が小宛の回復を喜んでいますが(うわべだけですが)、皇后は嫌そうな顔です。
今後もますます小宛が寵愛されることを考えると憂鬱なのでしょう。
いい子ぶりっこの蘭貴妃が小宛の回復を喜んでいるのはうわべだけですが、皇后は蘭貴妃の腹黒さに気が付いていません。
そして話は那琪が犯人ではないかという流れに。
すると皇后は、犯人はずいぶんなやり手だ、と嬉しそうに笑います。
今頃権勢を誇る妃たちの中に恐れをなしているものがいる、と、犯人のめぼしはだいたい見当がついているのでしょう。
小宛のおかげで邪魔ものが消える、と喜んでいるのです。

那琪から簡親王に皇貴妃からの伝言、「背水の陣」が伝えられます。
なぜもっと早く伝えなかったのかと怒る簡親王ですが、これはどういう意味なのでしょう?
どうやら進退窮まった、という意味だったようです。
邪魔者は排除すべし、たとえ陛下でも……という意味のようです。(つまり謀反ヤレと)
鐘粹宮では、小宛はだいぶ回復してきたようです。
そこへ蘭貴妃が見舞いに訪れました。
実は小宛が順治帝に蘭貴妃のところに行くよう勧めたおかげで懐妊したので、その報告に来たのです。
ヤな女ですねー!
間もなく2か月です。
しかし人が好い小宛は素直に喜びます。
そして小宛は皇太后から身ごもってはならないと言われたことを話します。
子を持つことはあきらめている、と話す小宛は蘭貴妃に健康な子が生まれるよう祈っていると言います。

坤寧宮では、蘭貴妃が訪ねています。
懐妊を伝えるためでした。
皇后はお祝いを言いますが、面白くなさそうな顔。
皇后には子がいないのですからね。
小宛がいなければもっと早く身ごもっていたのに、とイヤミも。
また流産しないように気を付けなさいと言う皇后に、蘭貴妃はたとえ皇子を産んでもお姉さまの指示に従い続けます、と誓います。
いつまでもお姉さまを裏切らないと。
まあ、口先だけでしょうがねー。

その夜、順治帝は小宛を見舞いました。
そして那琪がまだ行方がつかめない事、裏で糸を引いているのは皇貴妃で間違いないことを伝えます。
皇貴妃を断罪するカギは那琪です。
しかし那琪は簡親王に殺されるかもしれません。
あの簡親王ですからね。
小強子は那琪の兄が簡親王の配下なので、那琪は簡親王のところでは、と推測します。
順治帝はすでに簡親王が謀反を起こすことを予測しています。
小宛は簡親王に行動を起こさせるために策を弄しては、とすすめます。

順治帝は明後日の午後、寺に小宛の回復を祈りに行くことになりました。簡親王をおびき寄せるつもりです。
簡親王も罠であることに気づいていますが、好機には違いありません。
罠だったとしてもまた天地会のせいにすればよいと言います。(またかい)

順治帝は明日那琪を捕えよと命令します。心配なのは簡親王が罠にかかるかどうかです。

皇貴妃と賢妃は小宛の回復や蘭貴妃が身ごもったことを話しています。
賢妃にいたっては、「あの馬鹿女、悪運が強すぎる」と……いやいや、馬鹿女はどちらかというと賢妃だと思いますがねー!
皇貴妃は馬鹿な女ほど幸せね、と軽く流します。
賢妃は夢で那琪が捕まる夢を見たそうです。
皇貴妃は那琪は簡親王のところにいるから安心だと気休めを言います。
そして背水の陣の意味を賢妃が訪ねると、口封じに那琪を殺せという意味だと伝えます。
那琪は知りすぎた。
簡親王は那琪を消すはず、と。

鼇拝が簡親王の山荘のそばに200人以上の兵馬が集まっていることを報告します。いよいよですね。

那琪の兄は兵の指揮を任されたことから、皇帝暗殺の罪を着せるために、那琪が殺されるのではないかと案じています。
暗殺が成功しても失敗しても、簡親王は知らん顔をするつもりです。
そして那琪は気に入っていたが始末するしかない、と言います。
明日出発したら那琪に毒酒を飲ませるつもりです。
それを盗み聞きしていた兄は激怒し、那琪を連れて逃げる決心をします。
兄は那琪に薬をかがせて気を失わせ、連れ出します。
門番がそれに気づき、さっそく簡親王に報告がいきます。

追手が迫る中、兄たちは鼇拝の家を訪ねます。
すぐさま鼇拝はふたりを連れて簡親王に訴えます。
順治帝は妹を人質にされなければ謀反に加担したのか、と問いますが、正直に鼇拝を襲撃したことを明かします。
そして皇貴妃の指示で徳妃の衣に毒を仕込んだことも白状します。

簡親王は正々堂々と戦っても勝ち目はない。しかし逃げも隠れもしない。
もし裁かれても確かな証拠がなければ罰せられないと思っています。

大臣たちに証拠を示すため、那琪にその証言をさせることになりました。


PLATA 【 食品サンプル 】 おもしろ USB メモリ 8GB 【 焼き餃子 】





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。