FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

順治帝は妃たちを前に、那琪に毒を仕込むように指示したのは簡親王だ、と断言します。
小宛の殺害に失敗したうえ、順治帝の暗殺にも失敗したのですから、このまま放ってはおけないのは当然です。
真犯人である皇貴妃は、簡親王は正気を失ったのですか、彼のような親族を持ったことが恥ずかしくてなりません、としらじらしく言います。

皇太后のところでは、那琪の自白を得るため、小宛がある方法を思いついたので、それを実行したいと言っています。皇太后は、さすがは徳妃は利巧だ、と感心している様子。(いったいどんな手を使うのでしょうね?)

順治帝は妃たちに、那琪が簡親王を愛しているがゆえに口を割らないが、彼女の証言が無ければ簡親王を罪に問えない、と言います。
断罪するには証拠がなければならず、このままでは釈放される可能性がある、と。
これは皇貴妃に聞かせるためでしょうね。
そこで皇后が、日ごろから衣装の相談をするために制衣局の那琪と親交があるので、妃達で説得しては、と提案します。
順治帝はすでに小宛が説得を試みたが、那琪はそれで動揺していた、と、皇后の案には賛成します。
そして那琪の裏にいる黒幕は妃たちの誰かだ、とまで言います。
だが那琪の兄の自白により、皆は無関係だとわかり、今は安堵している、と演技。
そして那琪の説得が成功すれば、その者を厚遇する、と言います。
説得の順番は、位に従って個別に行うことになりました。
最初が一番下の位の静妃、最後が皇后と決められました。皇貴妃の出番が来るまでに自白させてほしい、と言います。
皇貴妃はしれっと、静妃でじゅうぶん説得できるはず、と言いますが、静妃は、位の低い私では那琪も恐れを感じないでしょう、那琪は普段から皇貴妃を慕っていて、特別に美しい衣を届けている、とイヤミを言います。
皇貴妃は全力で否定しますが、賢妃は皇貴妃が美しく見えるのは衣のせいではなく、皇貴妃が美しいからだ、と弁護します。
淑妃は、那琪は簡親王の愛人だ、簡親王は皇貴妃のいとこ、と思わせぶりなことを言います。
皇貴妃は簡親王とは連絡もとってもいない、と怒ります。
小宛はただその様子を微笑んで眺めています。(なぜそんなに爽やかに微笑んでいるのでしょう?この先が楽しみです!)

自分の部屋に戻った皇貴妃は、賢妃とこの件について相談中です。
罠だとしたら実に恐ろしいことだ、陛下の狙いは私とあなただ、と言います。
しかし順治帝の命を狙ったことは皇貴妃たちも知らなかったようです。
これについてはふたりは無関係です。しかし毒衣はこのふたりが仕組んだことですからね。
安心はできません。
那琪が口を割ればおしまいです。

静妃が那琪を説得しますが、難航しています。

那琪が口を割れば死罪だ、と皇貴妃は肝が据わっています。
もし皇貴妃と簡親王が連絡を取り合っていたなら、簡親王は後宮に干渉したことになります。
そして皇貴妃が有罪となれば、賢妃も同じく死罪です。
皇貴妃は那琪が口を割る前に毒殺しようと言い出します。

静妃が時間になったので、次に淑妃がやってきます。
淑妃の説得にも那琪は口を割らず、そして賢妃の番が来ました。
その様子をコッソリ影から眺める小宛、小強子、金侍医。
那琪はもう死ぬ覚悟ができている、と説得に応じるつもりはないようです。
賢妃は簡親王は有罪だと言っているのに、陛下の言葉も信じられないのか?と問いますが、那琪は、有罪の根拠は兄の自白だけ、なぜ親王を裏切ったのか、とまだ簡親王を信じているようです。
賢妃は命を無駄にするのか、毒衣の件も誰かの指示でしょう?としらじらしく言います。
その様子を眺める小強子は、賢妃は本当に毒を使うでしょうか?と緊張した面持ちで見守っています。
金侍医は毒を用いる気配がない、となると、皇貴妃が毒を使うのでしょうか?
賢妃が皇貴妃のところに長時間滞在していたのはわかっています。
そこで策を練っていたはずです。
賢妃はだんだんん挙動不審になり、毒を使うのではないか、という気配がしてきました。
賢妃が周囲の様子をうかがい始めました。
しかし特別に作られた隠し部屋にいるので、小宛たちが見ているのがバレる心配はありません。

皇貴妃はひとり静かに待っていました。
そこに那琪と賢妃が死んだ、という報告がきます。
嬉しそうに笑う皇貴妃…いえ、これは幻覚でした。(この演出、ウマイですね!)

那琪が突然苦しみだしました。
乱入する小強子たち。
しかし賢妃までもが倒れてしまいます。
毒は袖に隠していました。
皇貴妃のところに、侍女が酒を持ってきました。
その酒に手を伸ばす皇貴妃。
そこに持っていた毒を垂らす皇貴妃…。
仕損じればこの毒酒を飲む手はずです。

賢妃は毒を吐き、命は助かりました。
皇貴妃に騙された、この毒は数刻後に効き始める、だから賢妃の仕業とはバレない、と言われたそうです。
解毒薬もくれた。でも偽物だったのね。と泣き崩れる賢妃。
とうとう跪いて罪を認めました。

そこへ隆光才が登場し、しばらく皇貴妃を泳がせるために賢妃だけを尋問することになりました。

順治帝は大臣たちを引き連れて
隆光才による賢妃と那琪の尋問を陰から見守ります。
賢妃は皇貴妃を懲らしめられるなら真実を話す、と言います。
皇貴妃はなぜ賢妃と那琪を殺そうとしたのか、という質問に、私たちは知りすぎたからだ、と答えます。
簡親王の愛人である那琪が皇貴妃との伝達役をしていた。
小宛の衣に毒を仕込んだのも那琪。
皇貴妃は那琪を殺せば自分も簡親王も助かると言っていた。
順治帝の暗殺を企てたことも、洪と鼇拝を狙ったのも、皇貴妃と簡親王。そして危機が迫ったときに那琪に「背水の陣」という伝言を託したが、その意味は邪魔者は排除せよ、という意味だと教えられた。
しかし陛下まで含まれていたとは知らなかった。
皇貴妃の狙いは那琪を抹殺することだった。
そうしなくても簡親王が始末するだろうが、皇貴妃は念のために、と言っていた。
これで那琪もようやく事実を認めました
毒衣は簡親王から、早く徳妃を殺させろ、と伝言を頼まれた。
徳妃の死は順治帝の一番の打撃になる。
陛下を暗殺する計画については、簡親王が陛下を殺す、と言ったが、兄は思いとどまるよう説得した。
しかし簡親王は、順治帝は漢族びいきだから清を滅ぼす、と言っていた。
そして那琪は死罪を覚悟していることも。
命を捨ててもいいほど愛していたのに、簡親王は残忍ですね。

第三皇子の毒について問われると、考えたのは皇貴妃、と答えます。
皇子を殺して徳妃を陥れること。
そうすれば皇貴妃は皇后になり、皇子を産んで皇宮を牛耳れるはずだった

そのころ、皇貴妃はひとり静かにその時を待っていました。
もはやこれまでと観念したのか、毒酒をあおりました

そしてもう一つ秘密がある、と賢妃が言います。
蘭貴妃の流産の毒蝶は皇貴妃の仕業だった。
隆光才はあれは静妃が罪を認めたのに、と驚きますが、皇貴妃の毒は毒性が強くなかった。
だから真犯人は皇貴妃だ、と証言します。
(でも本当は蘭貴妃が流産したのは、蘭貴妃がみずから転んだのが原因でしたよね?)
順治帝が尋問の参加します。
毒蝶の件について興味があるようです。
皇貴妃が毒を仕込んだのは皇后を失脚させるためでした。しかし皇后も毒蝶を仕込んでいた。
その後で流産の原因は皇后の毒だとわかった。
皇貴妃は蘭貴妃が流産したのは自分の功績ではない、と言っていたから、皇后の毒だと思った。
皇貴妃の毒は即効性がなく、流産させられるかどうかはわからなかったのです。
流産の原因となった毒は蛇の毒だが、皇貴妃が持っていたのは蛇の毒ではなかった、というのもわかりました。

皇后と蘭貴妃が密談中です。証言を得られたなら、皇貴妃は終わり。空いた皇貴妃の位は蘭貴妃のもの、といいます。
このふたり、だんだんくなってきましたね……。

順治帝は毒蝶はどこへ消えたのか、と尋ねます。
賢妃は毒蝶は侍女に始末させた、と答えます。
後宮の悪事が次々と明らかになってきましたね。
しかし蘭貴妃はいつまで安泰でいるのでしょうか?
一番の黒幕は蘭貴妃だと思うのですが。


お中元 ギフト 人気商品 博多 あまおう たっぷり 苺 アイス





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。