FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

順治帝は、簡親王の証言をすれば、那琪の命を助けると約束します。

そして順治帝が皇貴妃のもとにやってきました。
皇貴妃はすでに毒を飲んで血を吐いていました
なぜ朕の命を狙ったのか、と尋ねますが、あれは自分の位を守るために仕方がなかった、と答えます。
そもそもすべて陛下が悪いのだ。私は容姿端麗で名家の生まれ。皇后の座は私が就くべきだった。それなのに小宛が何もかも台無しにした。
私を立后させぬように皇太后と皇帝に吹き込んだ。皇貴妃の位ですら盤石ではなかった。罪を犯したのは小宛のせい。私の負けよ。
(最後まで悪い女ですねー!)
そこに皇太后が登場。
皇貴妃はずっと皇太后に憧れ、見習ってきました。
最後にお目にかかれてよかった、と言いますが、皇太后はあなたと私はまるで違う、とキッパリと拒否します。
あなたは悪辣すぎる。これほど悪知恵が働く人間は他にいない、と厳しく非難します。
その言葉を聞いて、失意のうちに皇貴妃は絶命しました。(チーン)
皇太后の命により、皇貴妃は病で亡くなったことになりました。
悪行を公にする必要はないとの判断です。
葬儀も皇貴妃として行われることになりました。
翌日。順治帝と大臣たちにより簡親王の尋問が行われます。
簡親王はまだ皇貴妃の死を知らないのでしょうか。
暗殺を企てていたことを認めるか?と問われても、身に覚えがありません、と答えます。
ここで大臣たちが簡親王は無罪と判断したら、簡親王は釈放されます。
まず証人として那琪の兄が呼ばれます。
簡親王の命により鼇拝と洪を狙ったことを白状します。
そして次に簡親王の腹心の部下が呼ばれます。
ここで那琪が自白したことを話します。
簡親王と組んで陛下を暗殺し、その罪を那琪の兄に着せるつもりだった、と証言します。
そして次の証人、賢妃が呼ばれます。
皇貴妃とともに徳妃と第三皇子の命を狙い、那琪が逃げたのは私が情報を流したから。
簡親王への伝言である背水の陣も伝えた。それは挙兵を促すものだった、と証言します。
簡親王の父である鄭親王はかくも許すまじき大罪を犯すとは、と怒り狂います。
法に背くことはしないと言っていたのに、よくも平然と嘘がつけたものだ、と罵ります。
いよいよ那琪を呼ぶことになりますが、ここで簡親王は罪を認めました。死罪で構わないので那琪を呼ばないでほしい、と頼みます。
これで審議は終了となり簡親王は罪人として刑部に送られることになりました。
最後にひとこと。父は関与していなかった、と言います。(ココだけ泣かせます)
鄭親王は順治帝にはつねに従順でしたよね。
大臣たちは一致して死罪を願い出ます。
鄭親王も死罪に異議はないと答えます。
父親として私の罪は明白。罪滅ぼしとしてすべての官職を辞任すると言います。そしてその場で役人の証である帽子を脱ぎました。
順治帝は隠居するまでもない、と温情を示し、首席大臣を罷免するだけとなりました。
帽子もふたたび鄭親王の頭に。
鄭親王のこのシーンも泣けます。
息子を育てることには失敗しましたが、忠義に厚い人ですね。

簡親王は洪に負けを認め、神の目は節穴だ、と言います。
洪はお前は天に滅ぼされたのだ、と言い返します。

新しい首席大臣には鼇拝が就任することになりました。
そして大臣は簡親王が抜けて7名になったため、洪を復帰させることになりました。
簡親王の処分が言い渡されます。
父の鄭親王が忠臣で勲功も多いので、死罪にはせず、簡親王の名誉をはく奪して終身牢獄につなぐことになりました。
それほど一族の功績は大きかったのですね。
賢妃は廃妃し、5年監禁。那琪と兄も5年牢獄送り。
しかし小宛が頼んだために、3か月となりました。
というのも、恩赦があるので、慈悲を示すということらしいです。
その恩赦を与えるような慶事とはなんでしょうね?

順治帝は皇太后に、小宛を皇貴妃にする相談をしていました。
恩赦ってこれだったんですね!
さあ、蘭貴妃、どうする!?


お中元 ギフト 人気商品 博多 あまおう たっぷり 苺 アイス





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。