上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

馮侍医が恩返しとともに野心をもって蘭貴妃に協力していることが明らかになりました。
しかしこれだけでは小宛の疑いを晴らすことはできません。
隆公公も、蘭貴妃はかつての皇貴妃よりも悪辣で恐ろしい、と言います。
蘭貴妃が皇貴妃になる前に罪を暴かねば!

小強子は、小宛は罪を悔い改めて規則正しい生活を送っているとの報告をします。
順治帝は小宛のことで心を痛め、落胆しています。
(そんな暇があったら真相究明すればいいのに~!)
小強子は扣扣には連帯の罪があるからもう結婚できないが、顔だけでも見たい、扣扣に会わせてほしい、と泣きながら頼みます。
小宛の近況も報告すると約束して、ようやく扣扣に会いに行く許可をもらいました。
しかし順治帝は、小宛についての報告はいらない、知りたくもない、と言います。

洪、隆公公たちが小宛の屋敷で集まって密談中。
次は馮侍医と雲児のしっぽをつかもうと言いますが、命がけのふたりは口を割らないだろうという結論になりました。

静妃と淑妃は蘭貴妃と小宛、どちらの仕業なのか判断しかねています。
ひとまずおとなしくするしかない、とあきらめモードですが、皇后が毒蝶の犯人であると信じている静妃は、皇后だけはひきずり下ろすつもりです。
そして蘭貴妃が皇后になりたがっていることは確信しています。

そこに小宛が自殺したとの報告がきます。
順治帝はほとぼりが冷めたら江南に生かせるか陳円円のところに行かせるつもりだったのに、と悲しそうにつぶやきます。
(すべてはアンタが不甲斐ないせいです!ちょっとは反省しろー!)小強子は、小宛は罪が確定してから、なぜ陛下は私でなく蘭貴妃を信じたのか、と恨み言を言っていたと報告します。
それを聞いて、死にたくなるほど朕を恨んでいたのか、と悲しむ順治帝。(もっと悲しめ!)
宮中に掟に従って妃として弔うと言いますが、それは皇室の対面を損ねる、と皇太后が言います。
霊珠でさえも皇貴妃として埋葬したのに、と不服そうですが、小宛は漢族の罪人。
非難を浴びるかもしれないし、遺書もあった、と言います。
隆光才が遺書を順治帝に見せます。
そこには埋葬は簡素に、という希望が書いてありました。
妃として埋葬するのはあきらめ景色が美しいところに埋葬することになりました。
いずれ墓参りに行くつもりです。

隆公公から小宛が自殺したと聞いた蘭貴妃は涙を流します。私たちは姉妹のように仲が良かった、やりきれない、と言います。
隆光才は、人が好過ぎる、と褒めておだてておきます。
そしてゴマすりを頑張る隆公公は、数日後に皇貴妃に昇格するが、ふさわしい方が皇貴妃になるのが嬉しい、と言います。
蘭貴妃が小宛はいつ埋葬するのか?と尋ねると、このあと埋葬するとのこと。
雲児の同行を頼んで、私は恨んでいない、と墓前で伝えるように言伝ます。
ゴマすりまくりのヤケクソ隆公公は、蘭貴妃はまるで生き菩薩、とこれでもかと褒めちぎります。

粗末な小宛の墓の前では、扣扣が泣いていました。
その様子を見た雲児も思わずもらい泣き……のフリ
隆公公がそれを冷たい目で見ます。
扣扣が立ち去った後、雲児が小宛の墓の前に来ます。
雲児は主からの伝言として、あなたが死んでよかった、心からせいせいした、と言います。(こわいわー!)
離れたところからその様子を見守る隆光才でした。

戻った雲児は、小宛は粗末な埋葬をされていた、と報告します。蘭貴妃は小宛が死んで心からほっとした、と言います。

5日後、とうとう蘭貴妃が皇貴妃に冊封されることになりました。
皇貴妃になったらお寺にお参りに行く、という蘭貴妃に、隆公公は、冊封される前のほうがいい、と早めに参拝することをすすめます。
明後日が祈願の吉日、と用意周到。
蘭貴妃はその通りに参拝することになりました。

そして参拝当日。
蘭貴妃だけが仏堂に入ります。
すると扉が閉められ、仏の声が……。
私を死に至らしめ、悪事を暴いてやる、と幽霊が出ます。(ありがちですねー!)
小宛の声が聞こえた、怨霊となったのやも、と仏に祈ります。
そこに小宛の幽霊が出ます。
蘭貴妃は小宛の幽霊に向かって、取りつかれても懺悔はしない、罪はなに?とすっとぼけます。
その様子を洪と隆光才、そして順治帝が聞いています!
小宛の幽霊は、陛下や皇太后、私も欺いていた、と言います。
それがなんなの?と言い返す蘭貴妃。
馮侍医と組んで自分のお茶に毒を入れ、馮侍医からもらった解毒剤で生き返った。
馮侍医は主席侍医の座を狙っている。と糾弾します。
自分の野心のためにお腹の子すら手にかけた。自害を図ったのも馮侍医と組んだ茶番
毒蝶の事件も、あなたが企てたこと。自分で子を始末したくせに。
同情を誘ってすべて望み通りになったのでは?という小宛。さあ、いいところになってきました!


コールド・ストーン・クリーマリー プレミアムアイスキャンディ10本 (直送品)(冷凍便お届け)





スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。蘭貴妃憎たらしいですね!順治帝にもガッカリ!蘭貴妃の言葉を信じてあんなに愛していた小宛を疑うなんて最低男!小宛が可哀そう過ぎます(T_T)この後、どうなるのか、続きが凄く気になります。あらすじを書くのは大変だと思いますが、よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ようこそいらっしませ(^^)
蘭貴妃憎たらしいですよね~!
最初のころはこんなに善良で後宮でやっていけるのかと心配したもんですが、まさかここまで腹黒だったとは……!
蘭貴妃に比べたら、静妃も皇貴妃もまだマシでした。
こんなときこそ順治帝がシッカリしなければいけないのに、この馬鹿っぷり!なんということでしょう!
某議員に「このハゲーーー!」ってどつきまわして欲しいです。
くわえて、聡明なはずの皇太后もすっかり騙されちゃって。
わたしが小宛だったら、たとえ謝罪されても許しませんね!
ドラマだから許すんでしょうけど。。。
あと4話ですが、ラストまで目が離せません!また見てやってくださいね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。