FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

小宛の幽霊に向かって自分の悪事を認める発言をする蘭貴妃。
ゆくゆくは後宮の主になる、と発言します。
しかしそこで蘭貴妃は小宛が幽霊ではなく、生きていることに気づきます。
そして隆光才たちが突入。
私に手出しすればあなたたちの首が飛ぶ、と啖呵を切りますが、もちろんそんな脅しは通じるわけもなく。
蘭貴妃は捕らえられてしまいました。(ザマーミロ!)

戻った小宛たちは真実が明るみに出た、と大喜び。
屋敷の中に入ると、そこには順治帝が待っていました。
謝りたくてここに来た、と跪いて謝罪し、罰してほしい、と言います。
蘭貴妃の自白を聞いていたので、もう小宛の無実は明白です。
真実を見抜けず小宛を罪人と決めつけたことを後悔して申し訳が立たない、と謝罪します。
小宛は陛下を恨んだことはない、蘭貴妃の悪辣さを誰が見抜けただろう、と許します。
疑われて傷ついたが釈明できなかった自分が悪い、陛下を恨んだことはない、と言います。
(私だったらこのハゲーーーって叫びながら蹴飛ばしてボコボコにしますがねーーー)

真実を知った皇太后は、なんと陰険で狡猾な、と驚きます。
馮侍医は残念ながら自害してしまったそうです。
雲児は尋問により自白しました。

蘭貴妃が黒幕だったという知らせで、淑妃と静妃もビックリ。静妃は小宛は度胸があり聡明だ、と褒めます。
そして小宛が宮中に戻ったら面白くなる、と言います。

皇后もビックリ。蘭貴妃は心の中では私をあざ笑っていたのか、と悲しみます。

淑妃は小宛が皇后になるのでは、と言います。
毒蝶は皇后は無関係かもしれない、蘭貴妃の自作自演かもしれない、と。
静妃は、たとえ自作自演だったとしても、蘭貴妃と親しかった皇后が疑われるのはしかたない。
それを利用して小宛を立后する。皇太后も負い目があるから止められない、と言います。
(静妃、やっぱり性根はかわってないね!そこがイイんだけど)

慈寧宮に小宛が挨拶に来ます。皇太后はつらい思いをさせた、許して、と謝罪します。
小宛は今後も孝行します、と誓います。

蘭貴妃の尋問の日がやってきました。
順治帝は悪事の限りを尽くした蘭貴妃を凌遅による処刑(最も重い刑で、生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間にわたって激しい苦痛を与えたうえで死に至らすという残酷な刑)にするつもりです。
皇太后も死罪には賛成ですが、過剰な苦しみは与えないで、と頼みます。

とうとう尋問の日がやってきました!
蘭貴妃は跪いて小宛立ち合いのもと、順治帝と皇太后から尋問されます。
蘭貴妃は罪を認め、真実を語ると誓います。
毒蝶については嘘で、自分で転倒して子供を失った。
叱責されるのではと思い、また、好機だと思い、誰かに害されたと思わせればより寵愛を受けられると思った、と答えます。
静妃のせいにしたのは、もっとも恨んでいたから。いつも見下されていたし、昇格したかった。
そこで雲児と蝶を育てて静妃からもらった紅に蝶が集まるようにした。
そして蛇の毒をあおって、すでに死んでいた子を降ろした。
静妃が嘘の自白をしたのは、廃后されるからだ、と小宛が弁護します。

蘭貴妃の毒蝶は自作自演だったと聞いて、静妃もさすがにビックリ!
あまりの陰険さに背筋が凍りそう、と言います。(オマエが言うなー!)Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
そして皇后との関係について問われます。
蘭貴妃は皇后が徳妃を監視させていた、と証言します。
しかし蘭貴妃の所業を知らなかったのだからたいした罪はない、と皇太后がかばいます。
皇太后になぜこんなことを?と問われて、こう答えます。
入宮して以来、すべての妃たちから見下されてきた。
皇后ですら哀れな小娘だと思って居丈高にふるまった。
でも誰よりも優れている自信があった。
命を捨ててもいいほど陛下を愛していた。
だから陛下に奉仕して皇太后に孝行すれば後宮の主になれると思った。
でも小宛がすべて台無しにした。

皇后はたとえ蘭貴妃が正直に自白しても、自分は廃后されるのではとおびえています。

蘭貴妃は助命は求めません。心の内をすべて話しました。と謝罪しますが、順治帝は自業自得だ、と厳しく言います。
そして霊珠よりも悪賢く狡猾だ、と言います。
そして蘭貴妃は極刑が妥当。
ただし長年仕えて孝行もしたので、白綾を与えるから自害をせよと命じます。
しかし小宛はここで死罪を免じてくれるよう頼みます。(余計なことを!)
しかし宮中には掟があるから、と順治帝は譲りません。
助命が妥当、という小宛は、2つの理由を話します。
ひとつは、蘭貴妃は陛下を愛している。
愛を独占しようとしただけ。
2つ目は私と姉妹も同然だった。危害を加えたことを反省しているに違いないから。
鼇拝はこれに賛成し、死罪は免れ、貴妃の位を廃して冷宮に送られることになりました。
そして蘭貴妃は、徳妃とふたりで話をしたい、と願い出ます。

小宛とふたりきりになった蘭貴妃は、助命の嘆願に感謝をするとでも?と居丈高。(オイ!)
私は生涯冷宮で過ごすのに。
私が報いを受けることを望んでいたはず。
小宛は蘭貴妃の涙を見て、陛下への愛を知った。
お腹の子を犠牲にするとき、辛かったでしょう?と語りかけるのは、小宛も同じ経験(っω・`。)をしたからでしょうね。
ふたりはこれからどんな話をするのでしょうか?


京竹風庵 あんみつと和風デザート詰合せ





スポンサーサイト

コメント

いつも、読ませて貰ってます‼️
この、ドラマは本当に感動します‼️

キャストも素晴らしい‼️

一途で一筋の順治帝‼️

今日、23時から見て泣いてしまいました(涙)

幽霊か…

このドラマ見てると順治帝=おバカさんと刷り込まれてしまって、
陛下は英明ですというセリフが皮肉にしか聞こえませんわ~
小苑にはハリセンを贈りたい(でもきっと叩いたりしないんですよね)

このドラマ、ソルナとお茶の間でお菓子でも食べながらあーだこーだ言いつつ一緒に観たいです。
とんでもない裏話を教えてくれそう( ̄▽ ̄)←けっこう性根の曲がってる奴

爽華 さまようこそ♪

うわー書いたレスの誤字脱字を修正しようとして、間違って削除ボタン押してしまいました(><)

このドラマ、どんどん面白くなってきましたね!
個人的には静妃の極悪ぶりが好きだったのですが、アッサリ退場となって、どうなるかと思ったら出て来る出て来る腹黒女(笑)

あと少しですが、また見にいらしてくださいね(^^)♪

よふけさま、いらっしゃいませ

私もすっかり順治帝=おバカさんの図が出来上がりましたよ(笑)
あれじゃあ臣下に舐められても仕方がありません。


小苑にハリセンいいですね!!賛成!!
わたしからも大きなハリセンをプレゼントしましょう。
ついでにハリセンに毒でも塗ってあげましょか~←だいぶ性根が曲がってる

ソルナは大好きなキャラなので、お友達になるならソルナが楽しいと思います。
せんべいバリバリかじりながら話してみたいですね。
ソルナ主役のドラマがあったらいい見たいけど……在位短いから無理か……。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。