FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.jpg

6月12日よりチャンネル銀河で
放送中!

https://www.ch-ginga.jp/feature/kokihi/

三法が廃止されて民は大喜びです。町中に皇帝万歳の声が響きます。
そして皇宮では、小宛の皇貴妃冊封を祝うために皇后以下妃たちが集まってきました。
皇后は私と一緒に後宮を管理しましょう、とやさしい声を掛けます。

街では恩赦が施され、ここでも皇帝万歳の声が上がります。
那琪と兄も釈放されて、これも徳妃のおかげ、と大喜び。
このふたりは自由の身になってよかったですね。

蓉貴妃も第三皇子のお祝いの言葉を伝え、そして静妃は「私が心服する女子は皇太后とあなただけ」と嬉しい言葉を。
淑妃は妃を尊敬するのは皇貴妃がはじめて、私も感服しています、とお祝いを言います。
その他の嬪や美人たちも大勢お祝いに訪れています。

そんななか、賢妃もまた、恩赦で釈放されていました。
釈放されたあと、賢妃はどうなるのでしょうか?
実家に戻される?
妃に戻ることはないのでしょうね。

蘭貴妃は仏堂で祈りをささげていました。
そして雲児から、小宛が皇貴妃になったことを知らされます。
賢妃が釈放されたことも。
しかし蘭貴妃は放免にはなりません。
雲児は主を守れない自分がうらめしい、と言います。
そして蘭貴妃に、決して希望を捨ててはならない、皇貴妃が皇后になったら釈放してくれるかも、と言いますが、蘭貴妃はもう何事にも興味がない、今私の心にあるのは菩薩様だけ、と答えます。

皇太后のところに皇后以下の妃達が集まり、皇后は小宛の人柄を褒めます。
その夜、お祝いの花火が打ち上げられます。
順治帝と小強子も訪れて楽しそうに鑑賞します。
どうやら扣扣は妊娠している様子……このふたり、いつ結婚したの!?
ていうか、いつヤッたのっ!?
小宛と順治帝にも妊娠の報告をします。
侍女は懐妊すればお役御免となるそうですが、小宛は扣扣を働かせないために、扣扣に侍女を付けるそうです。
そして順治帝は、小強子に屋敷を与えて昇格させます。
扣扣は小宛のそばを離れたくないと言いますが、すぐ近くに屋敷を構えることになったので、いつでも会いに来られます。

そんななか、かつての小宛の住まいである南苑では、なにやら大騒ぎしています。
どうやら順治帝が病に倒れたもようです。
宮殿じゅうで祈祷が捧げられますが、なんと順治帝は完治することが難しい天然痘のようです。
金侍医はつききりで看病します。
感染した者は厳重に隔離せよ、と命令され、その数はなんと100名以上にものぼります。
特効薬もなく、自然治癒するのはごくわずか。
第三皇子は天然痘から立ち直りましたが、順治帝はどうなるのでしょう?
あと何日生きられる?と金侍医に尋ねますが、金侍医は病毒が内蔵にまで達している、と言います。
残された時間はあと数日
それを聞いて、順治帝は筆と墨を用意させます。
ひとり静かに涙を流す順治帝。
書きあがった詔書を皇太后に渡すよう命令しました。
隆公公がそれを受け取り、外で見守っていた皇太后に渡します。

そこには、先に逝く不幸をお許しください、と書いてあります。
すべて読み終わった皇太后は、順治帝に向かって跪き、一同がそれに続きます。
いつも冷静な皇太后が泣き崩れ、なぜ私にたった24歳の息子を見送らせるのか、と嘆きます。
もはや順治帝は生き残れる術はないと知った一同は涙を流します。
小宛は悲しみのあまりとうとう倒れてしまいます。

鐘粹宮で、小宛は皇太后に手紙をしたためます。
そこには「私は陛下とともに天国へ参ります」と書いてありました。
扣扣にも、あなたと小強子の幸せを祈ってる、と遺書を残します。
そして念入りに身支度を整えます。

皇太后は順治帝はあと2日の命と聞かされていました。
あとは第三皇子に継がせるとの詔書があったので、そのとおりに臣下にも伝えます。

眠っている順治帝のもとに、小宛が訪れました。
それに気づいた金侍医は止めますが、すでに小宛は覚悟しています。
一歩一歩順治帝の寝台に近づいていきます。

そこへ小強子が、行方不明になった小宛の書置きを皇太后に渡しに来ます。
それはさきほどの小宛の遺書でした。
侍医からも、小宛が順治帝を訪れたという報告がきます。
皇太后は話があるからここに呼ぶように、と言います。
小宛は離れたところから皇太后に最後の挨拶をします。


【そっくりスイーツ】お寿司そっくり! のり巻きみたいなロールケーキ





スポンサーサイト

コメント

皇帝が先に逝くのか

実質的な最終回のようでしたね。
てっきり小苑が先に亡くなって、嘆き悲しむ皇帝(死亡or出家?)という終わり方だと思っていました。

にしても、皇帝の天然痘のぽつぽつは少なすぎ!
賢妃はずーっとあの衣装のまんまなのだろうか。。。

妃たちが履いている1枚歯の歩きにくそうな履物、きれいな刺繍が施されているのですね。
後宮物はきらびやかな衣装が見られてうれしいです。

トナ役の女優さん、武則天に出ていた時とはガラっと変わって少し鈍くて小心者で根は穏やかな感じがうまく表現されていて感心しました(謎の上から目線)

とりとめのない感想になっちゃいました。もう終わりだと思うとちょっとさびしいです。

皇帝最後まで根性が足りねぇ

よふけ様、今晩は~。
58話で終わってもよかったような感じですね。
なんか最後まで順治帝はのほほんとラクして終わりでしたが、わたしも小宛が亡くなって嘆く順治帝を見てみたかったです。

あの天然痘は、ニキビみたいでしたね(笑)
ドラマにそこを求めてもしょうがないんですが。。。

賢妃はどうなったのでしょうね?
実家に帰されたのかな?尼寺?
まさか妃に復位はないと思いますが……というか、順治帝いないし。
冷宮にいてもあの衣装のままというのはキレイすぎる設定じゃありませんかー(笑)
ほんと、後宮モノは豪華な衣装やセットがいいですよね。

トナ役の女優さん、といえば、高陽公主でしたよね。あちらは腹黒だったけど、結局皇貴妃の宮廷ではただ愚鈍なだけのいい人でしたね。
結局皇后はトナでよかったのでしょうけど、ソルナももっとがんばってほしかったです。

ドラマ終わっちゃうと寂しくなりますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。